亀の手

神社からちょっと離れて宇和島の話。

先日、東京の方が宇和島の亀の手を召し上がって、美味しい!と言ってくださいました。
亀の手…これです。



呼び名はいろいろあって、「せい」なんてちょっと気取った?名前がついてたりも。
塩茹でにして、外側の皮っぽいとこを剥がして中のピンクのとこを食べます。写真のいちばん上に剥がしたのが乗ってますね。
海の岩場に生えてて、宇和島ではさほど珍しいものではありません。
ただ、日常的に食べるというよりは宴会のお酒のおつまみかな。お祭りの後の直会のお料理に入っていたりします。
そしてそれなりに高級品。貝と違って獲るのが大変なんです、引っこ抜かないといいけないし。

…宇和島料理、フカ(鮫)の湯ざらしとか微妙にゲテモノが多い気がしてきました…。