ポリフェノールショコラ鰤の奉納

宇和島は穏やかで美しい海を活かして養殖業が盛んです。

真珠が有名ですが、鯛も日本有数の生産量です。

(大嘗祭でも庭積の神饌としてお供えされました)



グルメ番組常連の鯛一郎クン をはじめ、都会の皆さんも口にしている鯛の多くが宇和島産だったりします。

養殖技術の進歩もあり、天然ものと変わらず(時にはそれ以上の)味です。



そんな宇和島のお魚から新しい魚が誕生しました。

その名も「ポリフェノール・ショコラブリ

ロッテと愛媛県、氏子域に本社がある宇和島プロジェクトさんの共同開発です。

ロッテの「ポリフェノール・ショコラ」を食べて育ったブリ。
臭みがなく、時間がたっても変色せず美味しいお魚だそうです。


初出荷は1月7日で、この日に神社に奉納がありました。









お下がりをいただきましたが、
脂がのっていてとても美味しく、臭みもなく、刺身でも焼いても美味しかったです。
今日(2月7日)にご紹介するのは、今日から全国のくら寿司で「ショコラブリ」として食べられるから。
1週間の限定だそうです。
ぜひ食べてみてください。

冬の嵐?春の嵐?

1月27日、低気圧が発達しながら東に進んだ影響で、宇和島も強風が吹き荒れました。

最大瞬間風速32.4メートルを記録、大荒れの一日でした。

こちらは新聞記事


夏の台風の強風には慣れている宇和島市民ですが、今回は季節が違い、風向きも違います。
そのため、大きな被害が出ることになってしまいました。
「家が揺れる」「室内にいても風が入って障子ががたがたいう」
など経験したことがないことも多く怖い思いをしました。


一夜明け、境内もこの有様。









葉っぱはもちろん、大きな枝も折れています。
社殿には大きな被害がなかったのが幸いでした。


お掃除が大変でしたが、崇敬会副会長の片山先生が手伝いに来てくださり助かりました。
片山先生、年始の風物詩「箱根駅伝」で区間賞受賞のランナーです。