春祭りの日

13日は宵宮の夜。
例年も神職だけで神事を行いますが、太鼓の音を聞いてかお参りがちらほらとあったりします。
今年はそれもなく静かな夜でした。

 

 

 

 

宵宮の神事は厳かでありつつも翌日の賑やかなお祭を控えた浮き立つような気持ちもあるのですが…。

今年は寂しいな…という気持ちが先にありました。

 

 

 

 

14日は青空の下、午後三時から神事を斎行しました。
お供えは例年どおりの旬の野菜や果物を。
神様も今年は寂しいねと思いつつも召し上がっていただけたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

氏子総代会、崇敬会の役員さんに参列したいただき、

秋の豊かな実り、豊漁を祈願するとともに、一刻も早いコロナウイルスの終息を祈念しました。

このような春祭りが二度とないよう切に願います。

 

 

 

コメント