2月22日は猫の日

2月22日はにゃんにゃんにゃんでねこの日なのだそうです。

我が家には境内で保護したねこさまが何匹かおりまして、ねこ好きな一家なものですから招き猫を図案にした御守がいくつかあります。


これは今年のお正月から出している魔祓守。
黒猫は闇に潜んで魔を撃つという言い伝えがあり、それを元にしました。
宮司のお嫁さんが図案を起こしたとてもかわいい御守です。



モデルになったのはこの子。
ふわふわでお高いねこさまのようですが、捨て猫で最初はダニにやられてかわいそうな姿でした。
いまはのんびり生まれた時からお嬢様って顔をしています。
(女の子です)




こちらを2月22日にTwitterで紹介したところ、大きな反響をいただきました。



(上記の写真とは少し違う写真にしています。わかります?)

「遠方でお参りできないので、御守を送っていただけませんか?」というお問い合わせもずいぶんいただきました。
その中には、愛媛に行ったことはないけど、親戚がいるという方や、家族の出身地ですという方もいらっしゃいました。
いちばん驚いたのは、母方の実家が九島ですという方。
夏休みなど、九島で過ごすことも多かったようで、思い出話にもりあがりました。

思いがけない縁をたくさん結んでくたこの御守。
この子は魔を祓うネコではなくて、人の縁を招く招き猫だったのかも?と思っています。

ポリフェノールショコラ鰤の奉納

宇和島は穏やかで美しい海を活かして養殖業が盛んです。

真珠が有名ですが、鯛も日本有数の生産量です。

(大嘗祭でも庭積の神饌としてお供えされました)



グルメ番組常連の鯛一郎クン をはじめ、都会の皆さんも口にしている鯛の多くが宇和島産だったりします。

養殖技術の進歩もあり、天然ものと変わらず(時にはそれ以上の)味です。



そんな宇和島のお魚から新しい魚が誕生しました。

その名も「ポリフェノール・ショコラブリ

ロッテと愛媛県、氏子域に本社がある宇和島プロジェクトさんの共同開発です。

ロッテの「ポリフェノール・ショコラ」を食べて育ったブリ。
臭みがなく、時間がたっても変色せず美味しいお魚だそうです。


初出荷は1月7日で、この日に神社に奉納がありました。









お下がりをいただきましたが、
脂がのっていてとても美味しく、臭みもなく、刺身でも焼いても美味しかったです。
今日(2月7日)にご紹介するのは、今日から全国のくら寿司で「ショコラブリ」として食べられるから。
1週間の限定だそうです。
ぜひ食べてみてください。