七五三

11月に入りました。11月は七五三参りの季節です。
11月15日に七五三参りをするのは江戸幕府五代将軍徳川綱吉の子、徳松の袴儀(五歳の祝い)をこの日に行ったことが由来と言われています。
またこの日は暦の上で鬼宿日(きしゅくび。鬼が出ない日)でもあり、吉日(一復陽来ーいちふくようらいー冬のあとに春が来るように運が開けること)にもあたります。徳川家が吉日に行ったお祝いを庶民もあやかろうと同じ日に行った…といったところでしょうか。

当社でも七五三の準備が整いました。
鳥居のところにはのぼり。お祝いですから色物の明るい色。創業は明治の手描きのぼり店、黒田幟織店の製作です。






そして社殿には鬼が移動してきましたよ。これは、秋祭りに出ていた練り物です。今は社殿でどんと座って悪いものを追い払ってくれる良い鬼です。
毎年怖がって泣いちゃう子がいるのですが、鬼に負けない強い子になってくださいね。



撮影:晴